コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリニウス プリニウスPlinius

デジタル大辞泉の解説

プリニウス(Plinius)

(Gaius ~ Secundus)[23~79]古代ローマの将軍・博物学者。古代の科学知識の集大成ともいうべき「博物誌」の著作で有名。ベズビオ火山の大爆発の際、現地調査中に遭難死。大プリニウス
(Gaius ~ Caecilius Secundus)[61ころ~112ころ]古代ローマの政治家・文人。の甥(おい)で養子。トラヤヌス帝に信任され、執政官・総督などを歴任。「書簡集」が残存。小プリニウス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

プリニウス【Plinius】

〔Gaius P. Secundus〕 (23(24)~79) 古代ローマの官吏・博物学者。属州総督・提督などを歴任。著書「博物誌(三七巻)」は一種の百科全書をなし、一級の知的古典とされる。大プリニウス。
〔Gaius P. Caecilius Secundus〕 (61(62)~113頃) 古代ローマの政治家。の甥、のち養子。当時の社会を知るための多くの書簡を残す。小プリニウス。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

プリニウスの関連キーワードプリニウスアウグストゥスグラックスカリグラアウグストゥスカリグラグラックス[兄弟]エンネアデスカリグラグラックス

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プリニウスの関連情報