コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリニウス Plinius

デジタル大辞泉の解説

プリニウス(Plinius)

(Gaius ~ Secundus)[23~79]古代ローマの将軍・博物学者。古代の科学知識の集大成ともいうべき「博物誌」の著作で有名。ベズビオ火山の大爆発の際、現地調査中に遭難死。大プリニウス
(Gaius ~ Caecilius Secundus)[61ころ~112ころ]古代ローマの政治家・文人。の甥(おい)で養子。トラヤヌス帝に信任され、執政官・総督などを歴任。「書簡集」が残存。小プリニウス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

プリニウス【Plinius】

〔Gaius P. Secundus〕 (23(24)~79) 古代ローマの官吏・博物学者。属州総督・提督などを歴任。著書「博物誌(三七巻)」は一種の百科全書をなし、一級の知的古典とされる。大プリニウス。
〔Gaius P. Caecilius Secundus〕 (61(62)~113頃) 古代ローマの政治家。の甥、のち養子。当時の社会を知るための多くの書簡を残す。小プリニウス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

プリニウスの関連キーワードプリニウス(Gaius Plinius Caecilius Secundus)プリニウス(Gaius Plinius Secundus)クレムチウス・コルドゥス博物誌(プリニウス)プリニウス型中心噴火プリニウス[小]プリニウス[大]プリニー式噴火カズウィーニーコルチェスターハゲサンドロスベスビオ[山]ウァレリア街道マルティアリスマウソレウムアポロドロスリュシッポスアタノドロスグロノビウスレオカレス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プリニウスの関連情報