プリニウス(英語表記)Plinius

デジタル大辞泉の解説

プリニウス(Plinius)

(Gaius ~ Secundus)[23~79]古代ローマの将軍・博物学者。古代の科学知識の集大成ともいうべき「博物誌」の著作で有名。ベズビオ火山の大爆発の際、現地調査中に遭難死。大プリニウス
(Gaius ~ Caecilius Secundus)[61ころ~112ころ]古代ローマの政治家・文人。の甥(おい)で養子。トラヤヌス帝に信任され、執政官・総督などを歴任。「書簡集」が残存。小プリニウス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

プリニウス【Plinius】

〔Gaius P. Secundus〕 (23(24)~79) 古代ローマの官吏・博物学者。属州総督・提督などを歴任。著書「博物誌(三七巻)」は一種の百科全書をなし、一級の知的古典とされる。大プリニウス。
〔Gaius P. Caecilius Secundus〕 (61(62)~113頃) 古代ローマの政治家。の甥、のち養子。当時の社会を知るための多くの書簡を残す。小プリニウス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

プリニウス

[一] (Gaius Plinius Secundus ガイウス━セクンドゥス) 古代ローマの将軍・博物学者。大百科全書「博物誌」三七巻を編み、古代科学知識を集大成した。ベスビオ火山噴火の際、調査に行き遭難死。大プリニウスと呼ばれる。(二三‐七九
[二] (Gaius Plinius Caecilius Secundus ガイウス━カエキリウス=セクンドゥス) 古代ローマ帝政期の政治家。(一)の甥で養子。「書簡集」一〇巻で知られる。小プリニウス。(六二頃‐一一四頃

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プリニウスの関連情報