コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミゾコウモリ(溝蝙蝠) ミゾコウモリ slit‐faced bat

1件 の用語解説(ミゾコウモリ(溝蝙蝠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミゾコウモリ【ミゾコウモリ(溝蝙蝠) slit‐faced bat】

翼手目ミゾコウモリ科Nycteridaeの哺乳類の総称。虫食性のコウモリで,顔の中央部に深い溝状のくぼみをもつのでこの名がある。旧世界の特産で1属からなり,アフリカに12種,ミャンマー南部からジャワ,ボルネオチモール島に2種がある。旧世界のアラコウモリ科に近縁で,両者を同じ科とする見解もある。前腕長3~6cm,頭胴長4~9cm,体重10~30g。尾は頭胴長と同長。耳介は頭より長く,その基部は皮膚のひだで連なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミゾコウモリ(溝蝙蝠)の関連キーワード翼手類油蝙蝠大蝙蝠菊頭蝙蝠蝙蝠傘血吸蝙蝠天狗蝙蝠兎蝙蝠山蝙蝠畝溝跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone