ミゾコウモリ(溝蝙蝠)(読み)ミゾコウモリ(英語表記)slit‐faced bat

世界大百科事典 第2版の解説

ミゾコウモリ【ミゾコウモリ(溝蝙蝠) slit‐faced bat】

翼手目ミゾコウモリ科Nycteridaeの哺乳類の総称。虫食性のコウモリで,顔の中央部に深い溝状のくぼみをもつのでこの名がある。旧世界の特産で1属からなり,アフリカに12種,ミャンマー南部からジャワ,ボルネオチモール島に2種がある。旧世界のアラコウモリ科に近縁で,両者を同じ科とする見解もある。前腕長3~6cm,頭胴長4~9cm,体重10~30g。尾は頭胴長と同長。耳介は頭より長く,その基部は皮膚のひだで連なる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android