ミッドエンジン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミッドエンジン
みっどえんじん
midship engined car

自動車で、座席と後車軸の間にエンジンを備える型式のこと。エンジンというもっとも重い部分がホイールベース中間の重心位置、およびZ軸(自動車が向きを変える際の垂直の中心軸)に近づくので、走行中のステアリングへの応答性がよくなり、きびきびとした操縦性が得られる。レーシングカーはすべてミッドエンジン型式をとっているが、市販スポーツカーでも、とくに操縦性を重視する車には採用しているものもある。[高島鎮雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android