ミッドエンジン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミッドエンジン
みっどえんじん
midship engined car

自動車で、座席と後車軸の間にエンジンを備える型式のこと。エンジンというもっとも重い部分がホイールベース中間の重心位置、およびZ軸(自動車が向きを変える際の垂直の中心軸)に近づくので、走行中のステアリングへの応答性がよくなり、きびきびとした操縦性が得られる。レーシングカーはすべてミッドエンジン型式をとっているが、市販スポーツカーでも、とくに操縦性を重視する車には採用しているものもある。[高島鎮雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android