ミツバウツギ科(読み)みつばうつぎか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミツバウツギ科
みつばうつぎか
[学]Staphyleaceae

双子葉植物、離弁花類。常緑または落葉の高木または低木。葉は対生し、多くは三出または羽状複葉、まれに単葉、基部に小さな托葉(たくよう)がある。花は両性、まれに単性、五数性で放射相称。萼片(がくへん)、花弁はともに5枚、雄しべは5本。花床は杯状になり、その上に萼片、花弁がつく。子房は離生または合生する2、3枚の心皮からなる。果実は(さくか)、分果または核果。熱帯から温帯に5属約60種あり、日本にはミツバウツギ属、ゴンズイ属、ショウベンノキ属の3属4種が分布する。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android