ミツバウツギ科(読み)みつばうつぎか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミツバウツギ科
みつばうつぎか
[学]Staphyleaceae

双子葉植物、離弁花類。常緑または落葉の高木または低木。葉は対生し、多くは三出または羽状複葉、まれに単葉、基部に小さな托葉(たくよう)がある。花は両性、まれに単性、五数性で放射相称。萼片(がくへん)、花弁はともに5枚、雄しべは5本。花床は杯状になり、その上に萼片、花弁がつく。子房は離生または合生する2、3枚の心皮からなる。果実は(さくか)、分果または核果。熱帯から温帯に5属約60種あり、日本にはミツバウツギ属、ゴンズイ属、ショウベンノキ属の3属4種が分布する。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android