コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツバツチグリ(三葉土栗) ミツバツチグリPotentilla freyniana

1件 の用語解説(ミツバツチグリ(三葉土栗)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツバツチグリ(三葉土栗)
ミツバツチグリ
Potentilla freyniana

バラ科の多年草北海道,本州,四国,九州および朝鮮半島,中国北部に分布する。日当りのよい丘陵部に多くみられる。地下茎は短く肥厚して硬く,花後地上に走出枝を出す。葉は3小葉から成り,小葉は倒卵状楕円形で円頭または鈍頭,長さ 1.5~5cmである。春から初夏に,径 10~15mmの黄色花を多数集散状につける。根を食用にするツチグリに似て,葉が3小葉から成るのでこの名があるが食用にはならない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone