コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラ科 バラか Rosaceae

2件 の用語解説(バラ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バラ科
バラか
Rosaceae

双子葉植物バラ目の1科。世界の全域にわたって海岸から高山まで多数の種類が分布し,約 100属 2000種が知られている。キク科,マメ科,イネ科などとともに最も種類の多い科の一つである。草本から高木まであり,葉は互生して托葉をもち,花は放射相称で,5枚の花弁と多数のおしべをつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バラ科
ばらか
[学]Rosaceae

双子葉植物、離弁花類。高木、低木、多年草および一年草。葉は普通は互生し、まれに対生(シロヤマブキのみ)、単葉か複葉。普通は托葉(たくよう)がある。花序はいろいろで、花は普通は両性花で、放射相称。萼片(がくへん)があり、しばしば副萼片もある。花弁は5枚または多数で、まれに花弁がないものもある。雄しべは4、5、10、20本、または多数。雌しべは多数または少数、まれに1本。子房は上位、周位、下位。果実は袋果、(さくか)、痩果(そうか)、核果、なし状果、ばら状果、いちご状果など。南極を除いてすべての大陸に分布するが、北半球の暖温帯に多い。約100属3000種に及ぶ大きな科で、バラ、イチゴ、リンゴ、ナシ、モモ、サクラなど、人間と密接に関係する植物が多い。日本産のものは、次の四つの亜科に分けられる。
(1)果実は裂開する袋果または果のシモツケ亜科。
(2)果実は裂開しない痩果、ばら状果またはいちご状果のバラ亜科。
(3)果実は核果のサクラ亜科。
(4)花は子房下位で、果実は多肉質の花床に包まれるなし状果のナシ亜科。[鳴橋直弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バラ科の関連キーワード子葉双子葉植物托葉単子葉植物主根禾本科合弁花類網状脈離弁花類双子葉類

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バラ科の関連情報