コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツチグリ

百科事典マイペディアの解説

ツチグリ

ツチガキとも。ツチグリ科のキノコ。世界に広く分布し,夏〜秋,林野,路傍などの裸地上に群生。初めはかたい殻に包まれた径2〜3cmの黒褐色の球状体で,基部に菌糸束がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツチグリ【Astraeus hygrometricus (Pers.) Morgan】

担子菌類腹菌類ニセショウロ目ツチグリ科のキノコ(イラスト)。ツチガキともいう。はじめ直径2~3cmの球形で,山道の土崖などに半ば埋もれて発生する。外側は厚いじょうぶな外皮に包まれるが,成熟すると革質の外皮は8~10個の裂片に裂けて星形に外側に開き,中にあった薄皮で包まれた球状の袋をあらわす。外皮の外面は黒褐色,内面は白く細かい亀甲(きつこう)模様をあらわす。袋の中には暗褐色の胞子が充満しており,頂端の穴からほこりのように飛散する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツチグリ
つちぐり / 土栗
[学]Astraeus hygrometricus (Pers.) Morg.

担子菌類、腹菌類ニセショウロ目ツチグリ科のキノコ。ツチガキ(土柿)ともいう。星形に裂けた厚い殻の上に、丸い袋をのせたような形のキノコ。初めは径2~3センチメートルの灰褐色の硬い球状で、地面からなかば露出して生える。熟すと外側の革質の厚い殻が放射状に裂けて、中に粉状の胞子を満たした丸い袋を露呈する。星形に開いた殻は雨などで湿ると外に開くが、乾くと内側に縮まって袋を押すので、中の胞子は袋の先端にあいた小さな穴から外に放出される。夏から秋、山の崖土(がけつち)に多く発生する。初夏のころの未熟のものは袋の中身が白く、食用になる。薄く切ってバターで炒(いた)めると美味である。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツチグリの関連キーワードエリマキツチガキ(襟巻土柿)ミツバツチグリ(三葉土栗)タマノリイグチ(玉乗猪口)チャマダラセセリミツバツチグリキジムシロ担子菌類狐の茶袋浦風草狐茶袋茯苓草土菜土栗

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android