コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミトゲン線 ミトゲンせんmitogenetic rays

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミトゲン線
ミトゲンせん
mitogenetic rays

細胞分裂誘起線。生物の細胞分裂や成長の盛んな組織から放射されて,有糸分裂の頻度を著しく高めると想像された放射線。ソ連の生物学者 A.グルビッチがその存在を主張 (1929) したのでグルビッチ線ともいう。最初の実験では,1本のタマネギの根の先端を他の根の先端に対して直角に接近させておくと,前者に面した後者の側面で有糸分裂の頻度が高まることを示し,これは 2000Åぐらいの波長の紫外部の放射線によると主張した。しかし,その後多くの追試の結果,今日では一般には認められていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミトゲン線の関連キーワードアレクサンダー グールビチ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android