コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミトリダテス[1世] Mithridates I

世界大百科事典 第2版の解説

ミトリダテス[1世]【Mithridates I】

?‐前139か138
アルサケス朝パルティアの王。在位,前171‐前139か138年。ミトラダテス1世Mithradates Iともいう。治世前半はバクトリア王国に奪われていた東方の失地回復に努め,前155年ころに目的を達成した。そのあと西方に向かい,セレウコス朝シリアから自立していたメディアを征服し,前141年にはセレウキアを占領してバビロニアを併合した。反撃してきたセレウコス朝と対戦し,前139年に敵王デメトリオス2世を捕らえ,さらにイラン南西部のエリュマイス(スーサ地方)を征服した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミトリダテス[1世]の言及

【パルティア】より

… 前2世紀に入ると,セレウコス朝はローマやプトレマイオス朝エジプトとの争いに忙殺され,バクトリアでは国内が分裂し,パルティアの発展が可能になった。ミトリダテス1世(在位,前171‐前139か138)はメディアに進軍し,前141年にはセレウキアを占領してバビロニアを征服した。彼は初めて〈大王〉を称し,その後約400年つづく帝国支配を確立した。…

【ポントス】より

…ハリュス川(現,キジル・イルマク川)などの河口近辺の肥沃な土地では穀物,ブドウ,オリーブなどがつくられ,付近の山々からは木材や鉄,銅,銀などが産出された。前4世紀末にミトリダテス1世によってポントス王国が建設され,前1世紀前半にはミトリダテス6世のもとで王国は最大の繁栄を迎える。しかし,第3次ミトリダテス戦争でポンペイウスの率いるローマ軍に敗れ,前63年に6世が自殺すると,王国は東西に二分されてローマの支配下に置かれた。…

※「ミトリダテス[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミトリダテス[1世]の関連キーワード日本経緯度原点共鳴ニトロフェノール(データノート)還付金阿片煙吸食及び場所提供罪ビリアトデメトリオス2世キシレンアンティオコス[7世]アンチオコス7世

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android