ミャンティンダンパゴダ(英語表記)Myatheindan Pagoda

世界の観光地名がわかる事典の解説

ミャンティンダンパゴダ【ミャンティンダンパゴダ】
Myatheindan Pagoda

ミャンマー第2の都市マンダレーからエーヤワディー川(イラワジ川)の上流約11kmのミングォンにある、高さ98mのパゴダ(仏塔)。ハジドー王(1819~1837年)が、王子の時代の1816年に他界した妻のシンピューメェを悼んで建てた。スメルー山(須弥山)に建っていたとされるスラーマニパゴダをモデルに建てられたといわれる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android