コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマウズムシ ミヤマウズムシPhagocata vivida

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマウズムシ
Phagocata vivida

扁形動物門渦虫綱三岐腸目ナミウズムシ科。体長 2cm,体幅 0.3cm内外。体は扁平で細長く,頭部前縁は波状で,両端が触角状あるいは耳状にとがる。背面は黒ないし黒褐色のものが多いが,色彩に変異が多い。口は腹側,体の前方から3分の2ぐらいの位置にある。東北地方,中部山岳地方などの冷流水にカワゲラの幼虫とともにすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミヤマウズムシの関連キーワードプラナリア尾瀬

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android