コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミリアム・マケバ みりあむ・まけば Miriam Makeba

1件 の用語解説(ミリアム・マケバの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ミリアム・マケバ

アフリカ共和国の黒人女性歌手。1932年3月4日、南アフリカ共和国ヨハネスブルグ生まれ。本名はZenzile Miriam Makeba。18歳で出産し間もなく離婚、家政婦をして生活を支えた。50年代よりジャズボーカリストとして音楽活動を始める。56年、ダンス音楽「Pata Pata」が大ヒットし、南アフリカでの名声を確立した。59年に渡米、「アフリカの歌姫」として話題を呼び、「Pata Pata」は世界的ヒット曲となった。60年、南アフリカ政権がマケバの市民権を奪ったのを機に、63年と64年に国連の特別委員会で証言するなど、政治運動を活発化させた。66年、ハリーベラフォンテとの共作「An Evening With Belafonte/Makeba」で、アフリカの黒人女性として初めて米グラミー賞を受賞。67年、反アパルトヘイトの映画への出演などにより国外追放となり、以降亡命生活に入る。69年、ギニア大統領に招かれ、3人目の夫であり米黒人解放運動の急進派勢力「ブラック・パンサー」の党首だったストークリー・カーマイクルとともにギニアに移った。アパルトヘイト体制が崩壊した90年、ようやく南アフリカへ帰国。「ママ・アフリカ」と呼ばれ敬愛された。2005年、引退。08年11月10日、出張先のイタリア心臓発作のため死去。享年76。同日、ネルソン・マンデラ元大統領は「われわれの新生国家の母親的存在だった」との追悼コメントを発表した。

(2013-3-5)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミリアム・マケバの関連キーワードブリンクガボローネ中央アフリカ共和国ナミビアアフリカーナーツツ南ア南アフリカ南アフリカ連邦カニエ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone