コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミリカリア German tamarisk

世界大百科事典 第2版の解説

ミリカリア【German tamarisk】

ギョリュウ科の落葉低木。ギョリュウに似ているが,10本の基部で合着したおしべを有し,4~8本のおしべをもつギョリュウ属から区別される。葉は小型の鱗片状で披針形,青緑色で互生する。花は枝に頂生する総状の花序に多数つき,淡紅色から白色。高さ2mほどの小低木なので,花木,切花のほか,鉢物としても栽培される。南ヨーロッパから西アジアの乾燥地域が原産地である。ミリカリア属Myricariaは10種ほどが,ギョリュウ属とほぼ同じ地域の地中海域からアジアの乾燥地域に分布し,花木として利用されるほかに,枝がヤギやヒツジの飼料とされるものがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android