コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花木 カボク

デジタル大辞泉の解説

か‐ぼく〔クワ‐〕【花木】

花と木。
美しいの咲く。桜・梅・桃の類。花樹

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かぼく【花木】

花と木。
花の咲く木。

はなき【花木】

花と木。
花の咲く木。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花木
かぼく

観賞に値する美しい花を咲かす樹木をさすが、広義には観賞のため栽培される果実や葉をつけるものも含む。開花期により春夏秋冬の花木に分けられ、熱帯に産するものは四季の区別なく開花するものが多いが、これらは一般的に温室花木あるいは熱帯花木とよばれる。利用面からは次のように分類される。[堀 保男]

庭木

ウメ、ボケ、マンサク、ジンチョウゲ、レンギョウ、アジサイ、サツキ、ツツジ、ボタン、クチナシ、ムクゲ、サザンカ、ツバキ、ロウバイ、そのほか実の美しいナンテン、ウメモドキ、ムラサキシキブなど。[堀 保男]

鉢物花木

ウメ、ボケ、エニシダ、オウバイ、アジサイ、アザレア、バラ、カイドウ、ヒメリンゴ、ブーゲンビレア、ハイビスカス、ゲンペイカズラ、ギョリュウバイなど。[堀 保男]

切り花としての枝物花木

モモ、ボケ、エニシダ、ヤナギ類、サクラ、サンシュユ、ユキヤナギ、ツツジ、ツバキ、ナンテンなど。[堀 保男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

花木 (ハナノキ)

植物。カエデ科カエデ属の落葉高木または低木の総称。カエデの別称

花木 (ハナノキ)

植物。スイカズラ科の落葉低木,園芸植物,薬用植物。ニワトコの別称

花木 (ハナノキ)

植物。カエデ科の落葉高木,高山植物。ハウチワカエデの別称

花木 (ハナノキ)

植物。カエデ科の落葉小高木。ヒトツバカエデの別称

花木 (ハナノキ)

植物。ミズキ科の落葉高木,園芸植物。ミズキの別称

花木 (ハナノキ)

植物。シキミ科の常緑小高木・高木,園芸植物,薬用植物。シキミの別称

花木 (ハナノキ)

植物。ツバキ科の常緑高木,園芸植物。サカキの別称

花木 (ハナノキ)

学名:Acer pycnanthum
植物。カエデ科の落葉高木,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の花木の言及

【園芸】より

…続く《万葉集》では160種あまりの植物が詠まれている。歌中,庭,宿などが歌いこまれ栽培されていたとわかる花には,日本自生の花木としてヤマブキ,フジ,ハギ,ツバキ,サクラ,ウツギ,アジサイ,センダン,ネムノキの9種,庭木としてマツ,タケ,草花のユリとナデシコの計13種がある。渡来の花木,果樹,草花にはウメ,モモ,ケイトウなど10種がある。…

【花卉市場】より

…花卉は一般には花の咲く草本を意味するが,園芸作物として花卉という場合は,観賞用に栽培する切花(切葉,切枝を含む)類,鉢物類,花壇用苗物類,球根類,花木類,芝類をさす。本項では,この意味での花卉の生産,流通・貿易を取り上げる。…

※「花木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花木の関連キーワードキョウチクトウ(夾竹桃)リキュウバイ(利久梅)群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原山形県西村山郡西川町三重県桑名郡木曽岬町徳島県名西郡神山町近衛家熙・近衛家煕花卉園芸・花卉園藝風よ、万里を翔けよ栃木県鹿沼市茂呂カイドウ(海棠)熱川バナナワニ園ギョリュウバイ万緑叢中紅一点土佐山田[町]千代田[町]神代植物公園六日市[町]加茂川[町]本山[町]

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花木の関連情報