コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミルメカイト組織 ミルメカイトそしきmyrmekitic texture

岩石学辞典の解説

ミルメカイト組織

蛭石状の石英とNaに富む斜長石の連晶でシンプレクタイトの形をしている.この中の石英は光学的に連続しており,斜長石の中で石英は泡状または蠕虫(足のない虫)状の形態をしている.一般に斜長石とカリ長石の接触部に見られ,カリ長石を置換した結果と解釈されている.フーケとミシェル─レヴィが最初に記載しゼーダーホルムが命名した[Fouque & Michel-Levy : 1879, Sederholm : 1899].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android