コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミルン‐エディントンモデル Milne-Eddington model

法則の辞典の解説

ミルン‐エディントンモデル【Milne-Eddington model】

天体大気中で原子/分子の線吸収が生じるとき,その強度は連続吸収係数 kν と線吸収係数 kν′ との比(kν′/kν)に依存する.一般にはこの比は大気中の深さに依存するはずであるが.単純化して一定であるとしたモデルをいう.

これに対して,大気上層で kν=0で kν′ のみ有限,その下では kν′=0で kν のみ有限というモデルをシュスター‐シュヴァルツシルトのモデル*という.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android