ミーチ湖憲法協定(読み)ミーチこけんぽうきょうてい(英語表記)Meech Lake Accord

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミーチ湖憲法協定
ミーチこけんぽうきょうてい
Meech Lake Accord

ケベック州だけが憲法に署名しないという 1982年の憲法移管以来の変則的な事態を解決するために,87年にカナダ,連邦・州首相間で合意された憲法改正案。基本的には,集権型と分権型の2つの連邦理念の対立の狭間でできた折衷型権力配分案といえる。トルドー元首相の集権型連邦理念への歯止めを意図し,現状肯定,すなわち全会一致制による連邦・州関係の制度化と,フランス語系の市民の言語的安全保障の追求 (同化の拒否) の容認,という2点を主眼としていた。内容は,ケベック条項の挿入 (ケベック州をカナダにおける「独特な社会」と位置づける) ,移民条項の挿入 (ケベック州をはじめ各州に移民の選択権を与える) ,最高裁判所の構成の変更 (ケベック州は9人の判事のうち少くとも3人を指名できる) と憲法上の位置づけの明確化,連邦歳出権限に関する規定の改正,連邦・州首相会議の憲法上の位置づけ (定例化と議事項目の規定) などの7項目から成っていた。しかしながら,批准期限の 90年6月になっても全州の批准を得ることはできず,廃案となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android