ミーマーンサー

精選版 日本国語大辞典の解説

ミーマーンサー

〘名〙 (Mīmāṃsā 彌曼蹉と音訳) インド六派哲学の一つ。ミーマーンサー‐スートラを根本経典とする学派。ベーダ聖典に規定された祭式を重んじ、その実行によって生天などの繁栄がえられるとし、特に語(字音)の常住を説いた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android