コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常住 ジョウジュウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐じゅう〔ジヤウヂユウ〕【常住】

[名](スル)
仏語。永遠不変なこと。変化しないで常に存在すること。⇔無常
いつもそこに住んでいること。「一〇年来この地に常住している」
ふだん。いつも。日常。副詞的にも用いる。「常住の食事」「常住仕事のことが頭から離れない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうじゅう【常住】

( 名 ) スル
一定の所に住んでいること。定住。 「山の庵に-する」
〘仏〙 生滅変化せず、永遠に存在すること。 ⇔ 無常
〔「常住物もつ」の略〕 寺院の所有物。
( 副 )
いつも。たえず。つねづね。 「父が-歎いたを子供の頃より聞知つて居りました/にごりえ 一葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

常住の関連キーワードトゥブアイ[諸島]バミューダ[諸島]デーデルライン桿菌三重県伊賀市長田バッキンガム宮殿霧不断の香を焚くビフィズス菌見立て直し道尊(2)就業地人口座臥・坐臥不生不滅常住不滅俗諦常住常住不断常住坐臥常住人口夜間人口真空妙有聟島列島

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常住の関連情報