コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムカシカワトンボ(昔河蜻蛉) ムカシカワトンボ

世界大百科事典 第2版の解説

ムカシカワトンボ【ムカシカワトンボ(昔河蜻蛉)】

トンボ目ムカシカワトンボ科Amphipterygidaeの昆虫の総称。世界にAmphipteryx(中央アメリカ),Pentaphlebia(熱帯アフリカ),Diphlebia(オーストラリア),Devadatta(東南アジア),Philoganga(中国,ヒマラヤ)の5属約15種が知られている。カワトンボ群の祖先型と考えられる遺存群で,翅の縦脈分岐が翅の基方に片寄り,結節前横脈は2個以上ある。カワトンボ型のもの(Devadatta属)もあるが,イトトンボ式のもの(Pentaphlebia属),また太短いもの(Diphlebia属)もあり,巨大でグロテスクなもの(Philoganga属)もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android