体躯(読み)たいく

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐く【体躯】

〘名〙 からだ。からだつき。体格。
※動物小学(1881)〈松本駒次郎訳〉上「其体躯殊別の造搆あるに由て砂漠を疾駆し七八百斤の重荷を担ふて」
※双生(1966)〈吉行淳之介〉「彼は、堂々とした体躯の美青年である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android