体躯(読み)たいく

精選版 日本国語大辞典「体躯」の解説

たい‐く【体躯】

〘名〙 からだ。からだつき。体格
※動物小学(1881)〈松本駒次郎訳〉上「其体殊別の造搆あるに由て砂漠を疾駆し七八百斤の重荷を担ふて」
※双生(1966)〈吉行淳之介〉「彼は、堂々とした体躯の美青年である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「体躯」の解説

たい‐く【体×躯】

からだ。また、からだつき。体格。「しなやかな体躯
[類語]体つき体格恰幅背恰好筋骨肉付きからだたい身体しんたい肉体図体ずうたい肢体したい五体ごたい全身満身総身そうしん・そうみ人身じんしん人体生体ボディー肉塊ししむら体質的生理的肉体的生き身生身体質体力スタミナフィジカル骨身

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android