ムクタダ サドル(英語表記)Muqtada al- Sadr

現代外国人名録2016の解説

ムクタダ サドル
Muqtada al- Sadr

職業・肩書
イスラム教シーア派指導者

国籍
イラク

生年月日
1973年8月12日

出生地
バグダッド

経歴
1980年にフセイン政権下で処刑されたイスラム教シーア派最高権威“大アヤトラ”のムハンマド・バーキル・サドル師らを輩出した名門の家系に生まれる。同じく大アヤトラとしてフセイン政権に不服従の姿勢を貫いた父のムハンマド・サーディクは’99年に暗殺され、兄弟2人も父と同時に失う。2003年のイラク戦争後、米軍の暫定占領統治に対する住民の反発が強まる中、父の威光を背景に支持を拡大し、宗教家としては学生の身分ながら強硬派指導者として台頭。民兵“マフディ軍団”を組織し、占領軍と対立。2014年2月自身のホームページで政治活動を辞めると発表した。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android