コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムサシトミヨ Pungitius sp.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムサシトミヨ
Pungitius sp.

トゲウオ目トゲウオ科淡水魚。全長 5cmになる。体は細長く側扁する。背鰭に 8~9本のとげ,尾柄に 4~7枚の鱗板がある。かつては東京都中西部と埼玉県内の各地にいたが,今日では埼玉県熊谷市内のみに生息する。絶滅危惧種の一つで,埼玉県指定の天然記念物になっている。学名はまだ発表されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ムサシトミヨ

トゲウオ科で体長3.5~6センチの1年魚。オスが水草で直径約3センチの巣を作り、メスが中に産卵する。県は熊谷市久下の市ムサシトミヨ保護センター内のポンプ地下水をくみ上げて元荒川に流しており、このきれいな水によって、世界で元荒川上流部だけが野生の生息地として残っている。環境省や県は、ごく近い将来に絶滅の危険性がきわめて高いとして、絶滅危惧1A類に分類。熊谷市も「市の魚」に選定した。周辺の小中学3校などが増殖のために飼育を続けている。

(2017-02-12 朝日新聞 朝刊 埼玉・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムサシトミヨ
むさしとみよ / 武蔵富魚
Musashi ninespine stickleback
[学]Pungitius sp.

硬骨魚綱トゲウオ目トゲウオ科に属する淡水魚。背びれに8~9本の棘(とげ)がある。4~7枚の鱗(うろこ)板が尾柄(びへい)部にある。体は暗緑色で、側面に暗色の斑紋(はんもん)が散在する。湧き水から出る細い小川や池にすむ。東京都西部や埼玉県の各地に生息していたが、現在は埼玉県熊谷市の元荒川上流にのみ生息が確認され、活発に保全活動がなされている。埼玉県指定の天然記念物に指定され、保護されている。環境省のレッド・リスト(2013)では、近い将来野生絶滅の危険性がきわめて高い、絶滅危惧A類に指定されている。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のムサシトミヨの言及

【トゲウオ(棘魚)】より

…日本産のトミヨ属には数種があり,いずれも淡水型である。その中で,イバラトミヨP.pungitiusは本州北部から北方に,トミヨP.sinensis(イラスト)は石川県以北からカムチャツカおよび大陸東岸に,エゾトミヨP.tymensisは北海道,サハリンおよび朝鮮半島北部に,またムサシトミヨP.sp.は埼玉,栃木の2県下にそれぞれ生息する。なお,イトヨとイバラトミヨは北アメリカやヨーロッパにも分布する。…

※「ムサシトミヨ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムサシトミヨの関連キーワード日本のおもな水族館埼玉県熊谷市埼玉県の要覧県魚

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムサシトミヨの関連情報