コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムサン(茂山) ムサンMusan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムサン(茂山)
ムサン
Musan

北朝鮮の北東部,直轄市であるチョンジン (清津) 市の北西部にある町。トゥマン (豆満) 江の中流に注ぐソンチョン (城川) 水の下流にのぞむ。 1916年磁鉄鉱床が発見され,35年採鉱が始った。推定埋蔵量 13億t。露天掘りされている。鉱石の鉄含有率は 40%であるが,磁力選鉱で 60%前後にして,鉄道またはパイプラインでチョンジンの製鉄連合企業所に送る。ムサン鉄道とペンム (白茂) 鉄道の接続地。林業も盛んで,原木は鉄道でキルチュ (吉州) とチョンジンに,筏に組んでフェリョン (会寧) に送る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムサン(茂山)の関連キーワードチョンジン(清津)直轄市トゥマン(豆満)江フェリョン(会寧)ヘサン(恵山)市

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android