コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城川 しろかわ

2件 の用語解説(城川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

城川
しろかわ

愛媛県南西部,西予市の東端に位置し,肱川の支流黒瀬川流域にある地区。旧町名。 1954年遊子川 (ゆすがわ) ,土居,高川,魚成 (うおなし) の4村が合体して黒瀬川村となり,1959年名称変更して町制。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

城川
しろかわ

愛媛県南西部、東宇和郡にあった旧町名(城川町(ちょう))。現在は西予(せいよ)市の東部を占める一地域。1954年(昭和29)魚成(うおなし)、高川、土居(どい)、遊子川(ゆすかわ)の4村が合併して黒瀬川村となり、1959年町制を施行して改称、城川町が成立。2004年(平成16)、西宇和郡の三瓶(みかめ)、東宇和郡の明浜(あけはま)、宇和、野村の4町と合併して市制施行、西予市となる(なお、この合併により東宇和郡は消滅)。旧城川町は四国山地、肱川(ひじかわ)の上流域を占め、高知県に接する。町名は、旧村名にある土、成、川の字を集めたもの。国道197号が通じる。穴神洞(あながみどう)遺跡をはじめ縄文期の遺跡が多い。町域の80%が山林で、農畜産のほかにクリやユズが特産。江戸時代には仙貨(せんか)紙と木蝋(もくろう)の産地で、宇和島藩の重要な財源であった。町内には茶堂(ちゃどう)とよばれる巡礼への接待や集落の人々の集まる茶の接待所が多く、その習俗は国の選択無形民俗文化財。また仙台藩の鹿踊(ししおどり)の流れをくむ「窪野(くぼの)の八つ鹿踊(やつしかおどり)」(国の選択無形民俗文化財)が三滝神社の大祭に奉納される。[横山昭市]
『『城川町誌』(1976・城川町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

城川の関連キーワード愛媛県西予市明浜町高山愛媛県西予市宇和町明間愛媛県西予市宇和町明石愛媛県西予市宇和町皆田愛媛県西予市宇和町窪愛媛県西予市城川町窪野愛媛県西予市城川町土居愛媛県西予市野村町旭愛媛県西予市野村町西愛媛県西予市野村町野村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

城川の関連情報