コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城川(読み)しろかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

城川
しろかわ

愛媛県南西部,西予市の東端に位置し,肱川の支流黒瀬川流域にある地区。旧町名。 1954年遊子川 (ゆすがわ) ,土居,高川,魚成 (うおなし) の4村が合体して黒瀬川村となり,1959年名称変更して町制。 2004年4月明浜宇和野村三瓶の4町と合併し市制。四国山地に囲まれ,標高 100~1100mに位置する。ほとんどが山地で中央部の黒瀬川流域にわずかに平地が広がる。林業のほかクリ,シイタケを栽培。西部の田穂 (たお) の石灰岩はクサリサンゴハチノスサンゴ (→ファボシテス ) など古生代の化石を有する。県指定文化財である縄文時代の穴神洞遺跡,三滝城跡は有名。国道 197号線が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

城川
しろかわ

愛媛県南西部、東宇和郡にあった旧町名(城川町(ちょう))。現在は西予(せいよ)市の東部を占める一地域。1954年(昭和29)魚成(うおなし)、高川、土居(どい)、遊子川(ゆすかわ)の4村が合併して黒瀬川村となり、1959年町制を施行して改称、城川町が成立。2004年(平成16)、西宇和郡の三瓶(みかめ)、東宇和郡の明浜(あけはま)、宇和、野村の4町と合併して市制施行、西予市となる(なお、この合併により東宇和郡は消滅)。旧城川町は四国山地、肱川(ひじかわ)の上流域を占め、高知県に接する。町名は、旧村名にある土、成、川の字を集めたもの。国道197号が通じる。穴神洞(あながみどう)遺跡をはじめ縄文期の遺跡が多い。町域の80%が山林で、農畜産のほかにクリやユズが特産。江戸時代には仙貨(せんか)紙と木蝋(もくろう)の産地で、宇和島藩の重要な財源であった。町内には茶堂(ちゃどう)とよばれる巡礼への接待や集落の人々の集まる茶の接待所が多く、その習俗は国の選択無形民俗文化財。また仙台藩の鹿踊(ししおどり)の流れをくむ「窪野(くぼの)の八つ鹿踊(やつしかおどり)」(国の選択無形民俗文化財)が三滝神社の大祭に奉納される。[横山昭市]
『『城川町誌』(1976・城川町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

城川の関連情報