コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂山 もさん

8件 の用語解説(茂山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茂山
もさん

「ムサン (茂山)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しげやま【茂山】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「茂山」姓の人物
茂山千作(しげやませんさく)
茂山弥五郎(しげやまやごろう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

茂山【もさん】

朝鮮民主主義人民共和国,咸鏡北道北西の豆満江岸の山間の町。茂山鉄道と白茂鉄道の終点。茂山高原の北西端に位置する。埋蔵量10億t以上といわれる茂山鉄鉱山があり,この鉄鉱石は清津の製鉄所に送られている。
→関連項目咸鏡北道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

茂山

没年:元禄7.8(1694)
生年:生年不詳
江戸初期の朝鮮釜山窯の陶工。対馬の出身で,本姓は阿比留,名は茂三とも書く。寛文4(1664)年釜山焼に従事していた船橋玄悦が没したため,翌年釜山に渡って和館の燔師(陶工)となり,以後同9年,延宝4(1676)年,同6,9年,貞享2(1685)年と数度にわたり釜山窯に参加した。のち,対馬藩主の宗義貞から中庭の姓を賜った。釜山窯は日本からの注文茶陶を作るために宗氏が設けた窯で,主として高麗茶碗を焼造した。特に鉄絵を加えた絵御本には茂山の特色がよく表れている。ほかに,染付の茶碗や三島・刷毛目なども作っている。

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もさん【茂山 Musan】

朝鮮民主主義人民共和国,咸鏡北道の山間地にある鉱山都市。中国との国境河川,豆満江中流の狭小な平地部に位置する。女真族など中国東北地方の諸族が朝鮮半島へ侵入する通路の一つにあたり,李王朝はここに兵営を置き,北辺防備にあたらせた。日本植民地時代に入ると,間島への朝鮮人移民ルートや豆満江流域の木材搬出の基地となり,筏流しが行われた。茂山に至る鉄道が建設されたのを契機として,1930年代には茂山鉄鉱山の開発が進められ,この鉄鉱石を原料とする大規模な製鉄工業が日本海沿岸の清津で行われるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しげやま【茂山】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茂山
もさん / ムサン

北朝鮮、咸鏡(かんきょう)北道にある邑(ゆう)(町)。鉄産地で知られる。豆満江(とまんこう)の支流、城川水流域を占め、中国との国境に臨んでいる。豆満江材の原木生産基地で、集まった原木は筏(いかだ)に組んで会寧(かいねい)まで流している。鉄鉱は邑北方の彰烈(しょうれつ)洞にあり、埋蔵量は11億トンといわれる。1916年に発見され、35年より採掘している。鉱床は3000メートルに達し、赤鉄鉱、磁鉄鉱、石英片岩で、磁鉄鉱の比重が高い。品位は40%で磁力選鉱によって品位を60%に高めている。鉄鉱石は茂山線によって、また一部は輸送管によって清津製鉄所に送られている。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茂山の関連キーワード対馬焼釜山窯犬塚小十郎大浦林斎小道三中山意三平山意春船橋玄悦星山仲次松村弥平太

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茂山の関連情報