コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁力選鉱 じりょくせんこうmagnetic separation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁力選鉱
じりょくせんこう
magnetic separation

鉱物をその磁性の強さの差を利用して分別する方法。磁気的吸引力と補助的分離力 (摩擦,慣性,遠心力など) を利用して磁性の異なる粒子を分離するもの。磁気選鉱,磁選ともいう。鉱物を磁性により分類すると,磁鉄鉱などの強磁性のもの,赤鉄鉱などの弱磁性のもの,それに非磁性のものの3種に分けられる。分離工程には磁選機が利用され,強磁性鉱物に用いられる低磁力磁選機,弱磁性などに用いられる高磁力磁選機などがある。また非磁性の鉱物の場合,磁化焙焼法によって強磁性に転換させて用いる場合もある。磁選機の磁石に吸引される磁性鉱粒を特に着磁産物と呼ぶ。この方法は鉱物に限らず他の固体にも応用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じりょく‐せんこう〔‐センクワウ〕【磁力選鉱】

鉱物がもつ磁性の強弱を利用し、磁石によって選鉱すること。磁気選鉱。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

磁力選鉱の関連キーワードエジソン(アメリカの発明家)ムサン(茂山)日本磁力選鉱全泥選鉱法磁力選別茂山製錬

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android