ムネアカオオアリ(読み)むねあかおおあり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムネアカオオアリ
むねあかおおあり / 胸赤大蟻
[学]Camponotus obscuripes

昆虫綱膜翅(まくし)目アリ科に属する昆虫。日本各地に分布する。大形のアリで、体長は働きアリで8~12ミリメートル、女王では約16ミリメートルに達する。頭部および腹部は黒色、胸部は赤色。巣はおもに林地の朽ち木の中や立ち木の根元につくられる。羽アリは秋に羽化するが、そのまま巣内にとどまり、翌春に結婚飛行を行う。[山内克典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android