コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリ Ari, Þorgilsson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリ
Ari, Þorgilsson

[生]1067頃
[没]1148.11.9
アイスランドの歴史家。母国語で書いた『アイスランド人の書』 Íslendingabók (1120年頃) には,アイスランドの最初の植民のもよう,議会の設立,グリーンランドおよびウィーンランド (北アメリカ) への植民,キリスト教への改宗,教会史が含まれている。アリの作と考えられているもう一つの重要な作品『植民の書』 Landnámabókは,移住した約 400家族の系譜および定着地を,克明,正確に記し,さらに移住者にまつわる挿話を簡潔に織り込んでいる。後世の史家に大きな影響を与えた。

アリ

モハメド・アリ」のページをご覧ください。

アリ
Formicidae; ant

膜翅目アリ科の昆虫の総称。社会性昆虫で,系統的には針をもつハチ類 (有剣類) に近縁である。女王,雄,職蟻 (雌) の3階級に分れ,一般に前2者は有翅で,職は無翅である。触角の第1節が長く,第2節以下との関節で折れ曲ること,腹部の第1または第1,2節が瘤状あるいは柄状になっていることが特徴である。ギ酸を分泌する種が多く,毒針の発達する種も少くない。土中,枯れ木の材中などに巣をつくるものが多く,普通1匹の女王とその娘である多数の職蟻が一緒にすむ。年に1回巣内に新しい女王と雄が多数生じ,外に出て飛びながら交尾する (結婚飛行) 。交尾後女王はみずから翅を切落し,新しい巣を営む。世界に 5000種以上,日本全土に約 150種を産する。他種のアリの職蟻に労働させる奴隷使役蟻 (サムライアリなど) や,一定の巣をつくらず移動を続けるサスライアリ類などさまざまな習性をもつものもある。また巣内に共生する昆虫類も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アリ(Muhammad Ali)

[1942~2016]米国のプロボクサー。旧名カシアス=クレイイスラム教へ入信し、改名した。1960年のローマオリンピックで金メダルを獲得し、プロに転向。1964年、無敗のままヘビー級チャンピオンとなる。ベトナム戦争への徴兵を忌避したためタイトルを剝奪されたが、後年、王座に返り咲いた。2005年、大統領自由勲章受章

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アリ

プロボクサー。本名カシアス・マーセラス・クレイ・ジュニアCassius Marcellus Clay,Jr.。米国ケンタッキー州生れ。1960年のローマオリンピックライトヘビー級の金メダルをとり,プロに転じた後1964年にヘビー級の統一チャンピオンとなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

アリの関連キーワードイソチオシアン酸アリルクロオオアリ(黒大蟻)オオハリアリ(大針蟻)サムライアリ(侍蟻)ムネアカオオアリカシアス・クレイクロアリ(黒蟻)アリヤドリコバチハアリ(羽蟻)アルゼンチン蟻アイスランド阿里巴巴集団クロオオアリアリーパシャクロナガアリハキリアリアリ(蟻)アリの塔アリマキルリアリ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アリの関連情報