コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムフーリラ Mufulira

デジタル大辞泉の解説

ムフーリラ(Mufulira)

ザンビア中北部の都市。コンゴ民主共和国との国境に近く、世界有数の産銅地帯に位置する。1930年代にムフーリラ銅山の採掘が始まった。ムフリラ。ムフリーラ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムフーリラ
むふーりら
Mufulira

アフリカ南部、ザンビア中北部の産銅地帯にある鉱山都市。人口13万1000(2002推計)。アフリカ屈指の産量を誇るムフーリラ銅山を中心とした都市で、人口増加が顕著である。銅山は1933年、アメリカ系のローン・セレクション・トラスト社によって採掘が始められた。52年精錬所がつくられ、69年国有化に伴い国営ローン・コンソリデイテッド社に移管され、82年ザンビア・コンソリデイテッド鉱業会社に吸収合併された。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android