銅山(読み)どうざん

精選版 日本国語大辞典「銅山」の解説

どう‐ざん【銅山】

[1] 銅鉱を産出する山。また、銅鉱を採掘し精錬する所。
※本朝文粋(1060頃)一二・秋夜書懐〈藤原衆海〉「只是銅山動。在下猶因金穴空」 〔漢書‐呉王濞伝〕
[2]
[一] 中国、江蘇省揚州市の西方、儀徴県の西北にある山。銅を産出する。
[二] 中国の清代、江蘇省北西部の徐州市の南に置かれた県名。秦末、項羽が西楚の覇王と称してこの地に都を置いた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「銅山」の解説

銅山
どうざん
copper mine

銅を産出する鉱山の主要鉱石鉱物は黄銅鉱で,ほかに輝銅鉱コベリン斑銅鉱,硫ヒ銅鉱四面銅鉱などの硫化物赤銅鉱などの酸化物がある。ときに自然銅を伴うこともある。日本は比較的に銅資源に恵まれていて,7世紀頃から銅が開かれ,16世紀頃には全国各地に銅山が発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android