コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅山 どうざんcopper mine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銅山
どうざん
copper mine

銅を産出する鉱山。銅の主要鉱石鉱物は黄銅鉱で,ほかに輝銅鉱コベリン斑銅鉱,硫ヒ銅鉱四面銅鉱などの硫化物赤銅鉱などの酸化物がある。ときに自然銅を伴うこともある。日本は比較的に銅資源に恵まれていて,7世紀頃から銅山が開かれ,16世紀頃には全国各地に銅山が発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どう‐ざん【銅山】

銅鉱を産出する山。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうざん【銅山】

銅鉱を産出する山。
銅鉱を掘り、精錬している所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

銅山の関連キーワード鹿児島県大島郡天城町松原愛媛県新居浜市角野新田町兵庫県川辺郡猪名川町銀山山口県美祢市美東町長登栃木県日光市足尾町通洞ファールンの大銅山地域古河機械金属[株]ジェズカズガン宇都野火薬庫跡別子山[村]住友吉左衛門チュキカマタ別子山〈村〉切上り長兵衛足尾鉱毒事件古河 市兵衛ルアンシャランカグアファールン尾去沢鉱山

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銅山の関連情報