ムブジ・マイ(読み)ムブジマイ

百科事典マイペディアの解説

ムブジ・マイ

コンゴ民主共和国の中南部の都市。サンクル川沿いに位置する。1966年まではバクワンガと呼ばれていた。1909年にこの地域でダイヤモンドが発見され,以後ヨーロッパ人によって鉱山町として発展させられた。現在も世界の工業用ダイヤモンドの10分の1を産出している。1960年には人口が3万人に過ぎなかったが,周辺地域からの流入によって激増している。人口143万3000人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる