コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキバレンギク(紫馬簾菊) ムラサキバレンギクEchinacea purpurea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラサキバレンギク(紫馬簾菊)
ムラサキバレンギク
Echinacea purpurea

キク科エキナケア属の多年草で,北アメリカに自生する。園芸上はエキナケアの属名で呼ばれることが多い。披針形鋸歯のある葉が互生し,茎頂に直径約 10cmの頭状花を1つずつつける。中心部の筒状花は紫褐色で盛上がるようにつき,花弁状の舌状花は紫紅色で,満開時には下垂する。和名ではその様子が,まとい馬簾にたとえられた。草丈は 60~100cm。庭に植えたり,舌状花を取除いて切り花ドライフラワーにする。耐寒性が強く,じょうぶで育てやすい。日当りと水はけのよい環境を好み,過湿にすると根腐れを起すことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android