コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムンダ諸族 ムンダしょぞくMunda peoples

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムンダ諸族
ムンダしょぞく
Munda peoples

インド東部と中央部のビハール州からオリッサ州にいたる広大な丘陵地帯に居住する先住民の総称。かつてはより広い地域に分布していたとみられる。形質的にはプロト・オーストラロイド系で,長頭黒褐色の皮膚,縮毛をもち,鼻が低く,眼窩の隆起が特徴であるが,モンゴロイド的要素を指摘する学者もいる。言語はオーストロアジア語族ムンダ語族に属する。チョタナーグプル高原の狩猟採集民のビルホル族と,オリッサ州の焼畑耕作をする少数民族を除き,棚田耕作の水稲栽培を生業とする。地縁化した単系出自集団が多く,宗教は祖先崇拝で,穀母神崇拝もみられ,巨石文化をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムンダ諸族の関連キーワード農耕儀礼カーシ族占有標

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android