コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムンディガク遺跡 ムンディガクいせきMundigak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムンディガク遺跡
ムンディガクいせき
Mundigak

アフガニスタン,カンダハールの北西約 55kmにある数基のテペより成る遺跡。 1951~58年に J.M.カザルが 10回調査を行い,7期にわたる金石併用時代青銅器時代の文化層を明らかにした。第I期の中葉に練り土家屋が出現,後半には泥煉瓦家屋が造られるようになり定着した。第 II~IV期に順次集落が発展したと考えられている。 IV期には一時的ではあるが,遺跡の最高所に記念碑的な建物が建てられたり,相互間を結ぶ通廊や主丘 (Aテペ) を囲む囲壁が設けられるなどしており,町邑へ発展したのではないかと指摘されている。土器は淡黄色地に幾何学文,動植物文の彩文が多いが,III期からは灰色土器も混る。土器製作には当初より陶車が用いられ,I期の9割以上の土器が陶車製であった。第 II~IV期には青銅製品があり,柄を装着する銅斧,銅ピン,槍先,針などが出土している。またI期の遺物には瘤牛テラコッタがあるが,これはインダス川流域より古いことが指摘されている。第V期以降は系統を異にする中央アジアのチュースト文化に変化したとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムンディガク遺跡の関連キーワードアフガニスタンメールガル遺跡

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android