コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中葉 チュウヨウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐よう〔‐エフ〕【中葉】

ある時代のなかごろ。中期。「一六世紀中葉
中くらいの厚さの鳥の子紙。
右肺の上葉下葉の間にある肺葉。左肺にはない。
細胞間層

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうよう【中葉】

ある時代・時期の中頃。 「平安時代-」 「一九世紀-」
脳下垂体の中間部。 → 脳下垂体

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中葉の関連キーワード偽イシドルス教会法令集シェイヒュル・イスラム脳下垂体中葉ホルモンニーベルンゲンの歌広島県福山市草戸町富沢半三郎(2代)熊本県玉名市玉名コウホネ(河骨)大分県日田市石井アナクシメネスヘルベティア人インテルメジンゲネラルパウゼプレイヤード派我がシッドの歌キリシタン文学カノン法大全フィロラオスオトフリートガリシア語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中葉の関連情報