コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムンディガク Mundigak

1件 の用語解説(ムンディガクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムンディガク【Mundigak】

アフガニスタン南東部,カンダハール北西約32kmにある先史遺跡。1951‐58年にJ.カザルが発掘し,7時期の文化をあきらかにした。最古のI期は定着にはいった時代で,ろくろ,銅を使用し,その末期は土器文様上,南部トルクメニスタンと連絡がみとめられる。II期は沈滞期で手づくね土器に代わり,石製印章がはじめて現れる。III期は六つの建築期に細分される発展時代で,バルーチスターン,トルクメニスタン南部,イラン南部などと広範な交流が認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムンディガクの関連キーワードヘラートアフガンアフガンハウンドカンダハルパミールバルチスタンアフガン侵攻ワハン回廊アフガニスタン戦争9・11とアフガニスタン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone