コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムンディガク Mundigak

世界大百科事典 第2版の解説

ムンディガク【Mundigak】

アフガニスタン南東部,カンダハール北西約32kmにある先史遺跡。1951‐58年にJ.カザルが発掘し,7時期の文化をあきらかにした。最古のI期は定着にはいった時代で,ろくろ,銅を使用し,その末期は土器文様上,南部トルクメニスタンと連絡がみとめられる。II期は沈滞期で手づくね土器に代わり,石製印章がはじめて現れる。III期は六つの建築期に細分される発展時代で,バルーチスターン,トルクメニスタン南部,イラン南部などと広範な交流が認められる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ムンディガクの関連キーワードメールガル遺跡

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android