コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

停廃 チョウハイ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐はい〔チヤウ‐〕【停廃】

予定していた事柄をとりやめること。ていはい。
「国司師高これを―の間、その宿意によって大衆をかたらひ」〈平家・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうはい【停廃】

とりやめること。行わないこと。ていはい。 「国司師高是を-の間/平家 2

ていはい【停廃】

とりやめること。行わないこと。停止と廃止。 「業務の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

停廃の関連キーワード電気事業及び石炭鉱業における争議行為の方法の規制に関する法律治安警察法(抄)記録荘園券契所労働関係調整法全逓中郵判決スト規制法荘園整理令造東大寺司長寛勘文刪定律令光仁天皇大化改新建武新政保安要員常平倉府兵制愛発関磐舟柵渟足柵小弓荘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android