コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムーサー・アルカージム Mūsā al-Kāẓim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムーサー・アルカージム
Mūsā al-Kāẓim

[生]?
[没]799
イスラム教シーア派の代表的分派十二イマーム派の認める第7代イマーム (教主) 。 765年第6代イマーム,ジャーファル・アッサーディクの死と同時に,第7代認定をめぐってシーア派は,ムーサーを認める十二イマーム派とその兄イスマーイールを認めるイスマーイール派とに分裂した。ムーサーは,アッバース朝ハールーン・アッラシードの命により捕えられ,バグダードで毒殺されたと伝えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムーサー・アルカージムの関連キーワードサフィー・ウッディーン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android