諏訪之瀬島(読み)すわのせじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「諏訪之瀬島」の解説

諏訪之瀬島
すわのせじま

鹿児島県南部吐噶喇列島中部にある火山島活火山で,常時観測火山十島村に属する。最高点は御岳(796m)。文化10(1813)年に大規模な噴火が起こり,火砕流が発生し,溶岩も流出した。また山体崩壊も起こり全島民避難,1883年まで無人島となった。以降も活発な火山活動が続いている。平地が少なく,畑作,和牛飼育が中心。元浦港切石港の二つのがある。鹿児島港から定期船が運航面積 27.66km2人口 74(2000)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「諏訪之瀬島」の解説

すわ‐の‐せじま〔すは‐〕【諏訪之瀬島】

吐噶喇(とから)列島中部にある火山島。面積約28平方キロメートル。中央にある御岳(おたけ)(標高799メートル)の活動が盛ん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「諏訪之瀬島」の解説

すわのせじま【諏訪之瀬島】

鹿児島県吐噶喇(とから)列島のほぼ中央にある火山島。面積22.3km2。列島のなかでは中之島に次いで大きい。鹿児島郡十島(としま)村に属する。島の中央にある御岳(おたけ)(799m)は典型的なストロンボリ式噴火の活火山として知られ,間欠的に噴煙あげ,その高さはときには1000mをこえる。1813年(文化10)の大噴火で島民は脱出,以後無人島となったが,83年奄美大島から開拓民が入った。島の周囲は急崖をなし,南部の台地集落がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android