コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪之瀬島 すわのせじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諏訪之瀬島
すわのせじま

鹿児島県南部,吐噶喇列島の中部にある火山島活火山で,常時観測火山十島村に属する。最高点は御岳(796m)。文化10(1813)年に大規模な噴火が起こり,火山砕屑物を噴出,火砕流溶岩流が発生した。また山体崩壊も起こり全島民が避難,1883年まで無人島となった。以降も今日にいたるまで活発な火山活動が続いている。平地が少なく,畑作,和牛飼育が中心。元浦港切石港の二つの港がある。鹿児島港から定期船就航。面積 27.66km2。人口 74(2000)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すわ‐の‐せじま〔すは‐〕【諏訪之瀬島】

吐噶喇(とから)列島中部にある火山島。面積約28平方キロメートル。中央にある御岳(おたけ)(標高799メートル)の活動が盛ん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すわのせじま【諏訪之瀬島】

鹿児島県吐噶喇(とから)列島のほぼ中央にある火山島。面積22.3km2。列島のなかでは中之島に次いで大きい。鹿児島郡十島(としま)村に属する。島の中央にある御岳(おたけ)(799m)は典型的なストロンボリ式噴火の活火山として知られ,間欠的に噴煙をあげ,その高さはときには1000mをこえる。1813年(文化10)の大噴火で島民は脱出,以後無人島となったが,83年奄美大島から開拓民が入った。島の周囲は急崖をなし,南部の台地に集落がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

諏訪之瀬島の関連キーワード鹿児島県鹿児島郡十島村諏訪之瀬島鹿児島県鹿児島郡十島村作地鼻南東小島日本の活火山十島[村]川辺十島諏訪瀬島

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諏訪之瀬島の関連情報