コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガロメテオロン修道院 メガロメテオロンシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

メガロメテオロン‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【メガロメテオロン修道院】

Moni Megalou MeteorouΜονή Μεγάλου Μετεώρου》ギリシャ中部、テッサリア地方のメテオラにある修道院。メテオラの中で最も大きく、また重要な修道院として知られる。14世紀に同地出身の修道士アサナシオスにより創設。高さ613メートルの岩山の頂に建てられ、内部には16世紀建造の教会、図書館、食堂(現在は博物館)などがある。大メテオロン修道院メタモルフォシス修道院

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

メガロメテオロン修道院の関連キーワード大メテオロン修道院アンゲロプロスアンゲロプロス騎士団長の宮殿アギアトリアダ修道院アギウパウル修道院アギウパブル修道院アギウパンテレイモノス修道院アギウパンテレイモン修道院アギオスステファノス修道院

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android