コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メコン川下流域開発計画 メコンがわかりゅういきかいはつけいかくDevelopment Project of the Lower Mekong Basin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メコン川下流域開発計画
メコンがわかりゅういきかいはつけいかく
Development Project of the Lower Mekong Basin

メコン川流域一帯を総合的に開発し,国境を越えて流域住民の生活水準の向上をはかろうという計画。多目的ダムの建設や灌漑,水量調節,水利施設,航路の整備などが計画されている。国連アジア太平洋経済社会委員会 ESCAPの前身であるアジア極東経済委員会 ECAFEを中心に,1951年に計画の検討が開始され,57年9月にメコン川下流域における開発計画の立案と調整を行うためメコン委員会 (ラオスカンボジア,タイ,南ベトナムの4ヵ国で構成) が設立された。 75年4月のサイゴン陥落後,77年4月にバンコクで開かれた第 33回 ESCAPに出席したベトナム社会主義共和国,ラオス両国は,タイとの間でメコン委員会の再開に合意し,同年7月にベトナム,ラオス,タイ3国の間でメコン開発再開の話合いが始り,78年カンボジアを除いたメコン暫定委員会の形で再開され,現在にいたっている。その後ベトナム=カンボジア戦争および中越戦争の勃発によりメコン開発計画は重大な困難に直面したが,91年のカンボジア和平を受けて,再び計画が動き出すものと期待されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android