立案(読み)りつあん

精選版 日本国語大辞典「立案」の解説

りつ‐あん【立案】

〘名〙 を立てること。計画を立てること。草案をねること。りゅうあん。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「狂言作者等が立案(リツアン)せる新狂言の世話物」 〔唐律‐断獄・訊囚察辞理〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「立案」の解説

りつ‐あん【立案】

[名](スル)
工夫して計画を立てること。案を立てること。「新企画を立案する」
草案・文案をつくること。「大要を踏まえて立案する」
[類語]企画設計計画もくろみくわだはかりごと一計企図構想プランプロジェクト青写真筋書手の内予定もくろむたくらむ策するかくする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android