コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メシチャニーン meshchanin

世界大百科事典 第2版の解説

メシチャニーン【meshchanin】

革命前ロシアの町人身分,小市民,転じて俗物の意。語源はポーランド語の〈都市住民mieszczanin〉。18世紀には都市民全体を,19世紀にはより狭く,下層市民(小商人,職人など)を指す。西欧史上の都市とブルジョアジーに比べると,ロシアでは一般に都市は行政的性格が強く,19世紀末でもブルジョアジーの数とその政治的影響力は小さく,富裕な商人身分(工場主をも含み,むしろ産業資本家と呼びうる)とメシチャニーンを合わせても都市居住者の半分余であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android