コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メシュルティエト メシュルティエトMeşrutiyet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メシュルティエト
Meşrutiyet

オスマン帝国末期の立憲議会制。アブドゥル・アジーズ専制政治に対する「新オスマン人」の自由主義運動が功を奏し,1876年新スルタン,アブドゥル・ハミト2世ミトハト・パシャ,ナムク・ケマルらの起草した憲法を発布し,議会を招集した (第1次メシュルティエト) 。しかし,77年の露土戦争に敗北すると,78年に憲法を停止し,議会を閉鎖して専制政治による国内統一の道を選んだ。これに対して政治結社「青年トルコ」による運動が起り,1908年の青年トルコ革命によって憲法と議会が復活された。オスマン帝国史上,これを第2次メシュルティエトと呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android