コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メスフラスコ

デジタル大辞泉の解説

メスフラスコ

《〈ドイツ〉Meßflasheから》液体を一定体積だけ正確に調整するために用いる、目盛りのついたフラスコ全量フラスコ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

メスフラスコ

一定容積の液体を測りとるためのフラスコで,首の部分に刻線が入っているものが普通。容量10ml〜2l程度。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メスフラスコ

化学分析器具」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メスフラスコ
めすふらすこ
volumetric flask

一定濃度の溶液を調製するための化学実験用器具。通常は平底長首のガラス製で、首のガラス管の部分に1本あるいは2本の刻線がある。1本のものが多用されている。容量分析用標準溶液の調製には、一定量の標準物質をくわしく秤(はか)り取り、やや濃い溶液としてメスフラスコ内に移し、溶媒を刻線まで加えて一定容積の溶液とする。刻線が2本あるものでは、下の線が受用(うけよう)線で、1本線のものと同様に使用する。上の線は出用(だしよう)線で、そこまで満たした液体を外部に排出したときに一定容積となるようになっている。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のメスフラスコの言及

【フラスコ】より

…二口あるいは三口のフラスコは,温度計,かくはん(攪拌)装置その他容器内での各種の操作目的に応じて使われる。以上のように目盛のついていないフラスコに対して,首の部分を細くして,刻線をつけたメスフラスコmessflask(測容フラスコvolumetric flask)もある。メスフラスコは容量10mlないし1000mlのものが普通で,刻線まで溶液を入れて一定容量を測り取るもので,定量分析その他に用いられる。…

※「メスフラスコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メスフラスコの関連キーワード過マンガン酸塩滴定化学分析

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android