コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メソスタシス mesostasis

岩石学辞典の解説

メソスタシス

火成岩の粒間を充填して最後に形成された物質.一般にガラス質や結晶質非顕晶質)の場合がある.おそらく共融的(eutectic)であろうと考えられる.石基と同じ場合もある[Gümbel : 1888, Johannsen : 1931, Bowes : 1969].ギリシャ語でmesoは間の意味, stasisは位置の意味である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

メソスタシスの関連キーワードマークフィルド岩火山ガラス最終充填物火成岩

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android