コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メソ形 メソがたmeso form

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メソ形
メソがた
meso form

同一分子内に互いに対掌的構造の関係にある2個の不斉中心をもっていて,この立体配置のために旋光性が分子内で消却されて光学的に不活性な化合物をメソ形という。 例を下に示す。 図において,不斉炭素原子*C1*C2の部分とは偏光面を同じ角度だけ逆方向に回転するため,この分子は光学不活性となる。 光学対掌体,d 体および l 体は偏光面の回転性と生物学的反応以外の物理化学的性質は同じであるが,メソ形はこれらの性質が dl 体と異なる。たとえば d -および l -酒石酸はいずれも融点 170℃,メソ酒石酸は 160℃である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メソ形の関連キーワードメソ酒石酸メソ化合物ラセミ化光学異性偏光面

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android