コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メゾン・カレ Maison carrée

世界大百科事典 第2版の解説

メゾン・カレ【Maison carrée】

フランス南部,ニーム(古代名ネマウススNemausus)にほぼ完璧な状態で残る古代ローマの神殿。フランス語で〈方形の邸〉の意。西暦4年ころ完成。アウグストゥスの養子,ガイウス・カエサルとルキウス・カエサルに献堂された。正面6柱,コリント式オーダーの擬似周柱式神殿で,高さ2.8m,幅14.8m,奥行き31.6mの基壇の上に建っている。規模は異なるが,ローマのアウグストゥスの広場にあるマルス・ウルトル(マルス)神殿と酷似しており,ガリアにおけるローマ神殿の手本となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メゾン・カレの関連キーワードポディウム

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android