コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタテクシス metatexis

岩石学辞典の解説

メタテクシス

部分熔融が中程度に行われたもの[Irving : 1889, Scheumann : 1936].メーネルトは岩石の低熔融点の物質が部分熔融することとしている[Mehnert : 1968].中程度の部分熔融のために,リューコソムの量は比較的少なく,原岩の組織が残されているもの[Ashworth : 1985].部分的あるいは選択的なアナテクシスが行われることで,部分熔融あるいは変成偏析作用(metamorphic segregation)によって,岩石の優黒質成分と優白質成分がリューコソムとメラノソムに分かれる偏析作用[Bowes ed. : 1989].メタテクシスはエクテクシス(ektexis)とエンテクシス(entexis)に分けられる.以上とは別な意味で,スレートの劈開(へきかい)のように変成作用によって岩石の構成物の方位が変化することもメタテクシスという[Irving : 1889].ギリシャ語のmetaは後,texisは順序の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

メタテクシスの関連キーワードメタテクサイト

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android